盛岡市 夜勤バイト 看護師

小児科クリニックではどんな医療行為が必要になりますか?

小児科クリニックでは、ドクターの診察の介助、検査の介助、採血、点滴などが、看護師の主な仕事です。
クリニックの設備によっても異なりますが、私が働いているクリニックでは、検査といってもレントゲンを撮るくらいです。
その他、血液の一般検査はクリニックで行っています。
小児科というのは、いろいろな分野の疾患を持った患者さんが来ます。
内科系の検査や処置だけではなく、外科的な処置も少なくありません。
傷の処置などは、頻繁に行っています。

 

小児科クリニックは、病院のように医療設備が整っているわけではないので、簡単な処置ばかりです。
採血、点滴、導尿、傷の処置といった感じです。
重症な患者さんの場合は、クリニックでは対応できませんから、病院に転院となるんです。

 

クリニックは、病院のように高度な医療技術を使う事はありませんし、行っている医療行為も基本的な事ばかりです。
しかし、科によってわかれているわけではありませんから、幅広い分野で診察を行っています。
だから、科にこだわらずに、幅広いいろいろな知識が必要となります。

 

ブランクのある看護師は、医療行為を必要とする病院で働くのは、とても不安が大きいものです。
でも、クリニックであれば、難しい医療行為は必要ありません。
看護師として働いてきた経験があり、子供を相手にする事が苦手でなければ、小児科クリニックで働く事は可能だと思います。
小児科クリニックは、疾患に関しての幅広い知識が必要となりますが、看護師が行っているのは、簡単な医療行為のみなんです。
ブランクのある看護師や、ママさんナースは、クリニックで働く事を選択するケースが多いんですが、業務内容の楽なところも、
その理由の一つだと思います。