盛岡市 夜勤バイト 看護師

夜勤の時の子供の預け先

私は24時間託児所のある総合病院で働いていたので、子どもが小さい時はあまり困ることはありませんでした。ただ、
病気の時は、夜勤を代わってもらったり、私の実家が近かったので、両親に来てもらって面倒を見てもらったりしたこともありました。
夫も子どもが2歳くらいになるころには二人だけで過ごすことにも慣れてくれて、子どももパパとお留守番頑張る、夫も乳児の頃は泣かれるたびに僕には何も出来ない、と言っていたことがありましたが、一緒に食べることが出来て、話も通じるようになると、夫にお願いして夜勤に入り、夫も子どもと良い時間を過ごす工夫をしてくれるようになりました。この時間がパパと子どもの良い関係づくりに役立ったりしたように思っています。なので、夫が面倒見られる週末に夜勤を入れたりしてもらっていました。
でもやっぱりシフトの関係でたまに平日夜勤が入ってきたりします。夫もその日によっては早く帰れたり、帰れなかったりと不規則。自分の実家が近いこともあって、私が夜勤入りの時は祖父母宅に子ども達が帰るようにして、そこで夜を過ごし、そこから学校へ行くこともしていました。私の家に両親に来てもらっても良いのですが、たまに違った空間で生活することも子どもにはプラスになるし、両親も自分の家で見るほうが気楽で良いみたいでした。何よりも平日の夜は翌日幼稚園や学校があるので不安大きくなりがちなので、精神面でもそのほうが良かったみたいです。子どもが中学生になる頃には、子ども自身が、一晩だったら大丈夫だよ、と言うようになりました。家事の手伝いも少しずつやってきたこともあって、食事を自分達で温めて食べたり出来るようになっていたので、困ることはあまりなく、朝は夫がいますが、ちゃんと起きて学校にも行っています。そんな頼もしい姿に我が子が看護師の仕事を理解してくれていることも感じます。